読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第53号 真理への瞑想「精神的生き方」

  • 真理への瞑想……「精神的生き方」

 五感によって知覚される現象世界を超越し、超感覚的な宇宙的実在を直接的に経験(直覚)する努力を続けること、それが精神的な生き方です。

 宇宙的実在は糸の中にも、布の中にも存在します。粘土でできた器の、その土の中にも存在し、様々な金の装飾品の、その金の中にも存在しています。それらの中に、目に見えない源泉、中心、支え、私たちが永遠に求めているゴールがあります。一瞬一瞬の現象の中に永遠の実在があるのです。

 この実在とは油の種子の中の油です。ミルクの中のバターです。音の洪水の中にある静寂です。絵はキャンバスがあるから、そこに描かれ得るのであり、映画はスクリーンがあるから、そこに見ることができます。目に見えない実在が現象を支えているのです。

 宇宙的実在としての神はその微妙さゆえに、姿を隠しています。神は本来、ものの本質であり、もののエッセンスです。それ故に名前や形を持たないのです。ところが人間の心や知性はものの名前や形に基づいてのみ考えています。私たちの目で認識できるのは、大きさと形と色だけですが、それらを超えたところに、名前も形も色も持たない何かが実在しているのです。それはこの宇宙を支配する意識そのもの、法そのものとしての存在です。

 名前や形の世界、常に移り変わる無常の世界に隠れた、この永遠なる真理を得るために私たちは精妙な視覚を発達させなければなりません。そして精妙な視覚は、私たちの心や精神を純粋にすることによってのみ得られるのです。精神の精妙さが増せば、知覚もより深くなるのです。そのために私たちは精神的な生き方をしなければなりません。

 人間の全ての努力の目標は、平和と満足という至高の幸福を得ることにあります。これらは現象世界の方から私たちに与えられることはありません。精妙な精神によって知覚された、実在の世界の中に入ってはじめて至高の幸福を得るのです。私たちは宇宙的実在としての神を知ることによってのみ、それを敬うことによってのみ、その至高の喜びと平和を手に入れることができるのです。神を敬えば敬うほど、もっと神の存在に、そして現象世界(それも神が創られたものですが、)を支えている神の存在に気づき始めることでしょう。

 精神的な生き方とは、宇宙的な実在を深く敬う心の育成を意味します。そのためには神の名、または神聖な意味や響きのマントラ真言)を唱え続ける行法や、アーサナ、呼吸法、瞑想、聖典の勉強などが必要です。それらは環境や出来事に左右され、喜んだり嘆いたりしている、普通の人間としての性質から、高い境地へ脱却するための方法と言えます。

 私たちは日々の生活において十分慎重でなければなりません。話す言葉、行動、他人との関わり、その他全ての生活において慎重であることは精神性の開発を助けます。あなたの知識と理解力の全てを精神性の開拓に捧げるべきです。それは大いにあなたを変えることでしょう。宇宙的存在に対する理解はまず第一に必要なものです。二番目に理解を行動に変える賢さ、三番目は怠け心に対する忍耐力です。

スワミ・チダナンダ講話集ponder these truthsより要約

 

  • 解説・・・・・宇宙的実在と芸術

 芸術は常に現象世界の背後にあるものを見極め、そして表現しようと努力してきたと思います。芸術に親しみ、自らも芸術家であろうとする態度もまた、精神的な生き方であると私は思っています。芸術家は、ここに述べられるような宇宙的実在に対する理解を深める考察を行うべきでしょうし、ヨーガを実践する人も、芸術による表現を試みるべきです。なぜなら、宇宙的実在としての神は芸術的にしか表現できないからです。

1996年10月15日