読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第46号 バガバッド・ギーター 第10章要約

  • バガバッド・ギーター……第十章要約

 クリシュナは告げた。

 アルジュナよ、更に私の最高の言葉を聞け。私はあなたの幸せを望んでいる。そしてあなたは私を愛している。だからあなたにそれを語ろう。1

 神々の群も偉大な聖者たちも私を本源としている。2

 私が不生であり、無始であり、世界の偉大な主であると知る人は、この世にあって迷わず、全ての罪悪から解放される。3

 知性、知識、不惑、忍耐、真実、制御、寂滅、苦楽、発生、消滅、恐怖、無畏、4

 不殺生、平等心、満足、苦行、布施、名誉、不名誉。これら万物の個々の状態は、ただ私のみから生ずる。5

 私のこの創造の力を如実に知る者は、ヨーガの力により私と結ばれる。この点について疑いはない。7

 私は一切の本源である。一切は私から展開する。そう考えて、智者たちは愛情を込めて私を信愛するのである。8

 私に心を向け、命を私に捧げ、互いに目覚めさせつつ、智者たちは常に私について語り、満足し楽しむ。9

 常に私に帰依し、喜びをもって私を信愛する彼らに、私は知性のヨーガを授ける。それにより彼らが私に至るところの。10

 まさに彼らへの憐れみのために、私は彼らの真我として彼らに宿り、輝く知識の火により、無知から生ずる闇を滅ぼす。11

 

  • 解説

 クリシュナは自らを神と呼び、自分への帰依を促します。しかしそれは新興宗教の教祖的な存在とは違うようです。世の教祖たちはしばしば人々を不安にさせて、自分または自分の教団への帰依を強く促す術を心得ています。これは要するに人間が根本的に抱える弱みにつけ込む方法です。教祖たちに限らずこの手を使う悪徳の輩は大勢います。術と心得て人を陥れるのは本当の悪徳ですが、自分に注意を引きつけようと無意識的に人を不安にさせるのは無知のなせることです。

 智慧ある良き人は、病気や死、頼っているものを失うことへの不安などに対して、おまじないやお守りや儀式ではなく、分かりやすい言葉でしっかり理解に導き、常に人に安らぎと安心感を与え、決して見返りを求めません。自ら教団を作ろうとしたり、教えを押しつけようとしたりせず、来るもの拒まず、去るもの追わず、言葉は穏やかで、生活は質素です。

 宗教は人に倫理と信仰心を植え付ける意味で有益ではありますが、逆に教団への過度な帰属意識や、他宗教、他宗派への無関心や時に攻撃心までも生じさせます。宗教のせいで家族がバラバラになるという話もよく耳にします。そのような理由で日本人は宗教に対して複雑な思いをもっています。宗教は智慧や信仰への一つの入り口ではありますが、到達点であるとは限らないのです。

 ギータの説くところは各宗教、宗派へのこだわりを超えた、普遍的な、科学的な絶対神や真我の理解、そしてそこから導き出される人間の生き方にあります。とは言ってもギータもインド哲学的な思考や当時のインド文化的背景を超えることはありませんから、そこを考慮して、さらに現代的な解釈を加えながら理解する必要はあるでしょう。

1996年8月6日