読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第20回 「寝る前のアーサナ」

 就寝前は時間を取りやすく、また最もくつろげる時間でもあるので、アーサナを行うのに適しています。寝る前にアーサナを行うことで、一日の疲れがをほぐされ、ストレスが緩和されるので寝入りやすく、熟睡できるようになります。また、翌朝の便通が良くなります。ところで夕食が最も脂肪になりやすいと言われていますが、寝る前の軽い体操によって、身体の機能は脂肪を蓄える方向から燃焼の方向へ切り替わります。下記のアーサナは特におなかの脂肪を燃焼させるような組み合わせになっています。

f:id:heartopen:20060407211521j:plain       f:id:heartopen:20060410080503j:plain

膝抱えのアーサナ(右→左→両膝)  回転のアーサナ

f:id:heartopen:20170327230523p:plain     f:id:heartopen:20170327230850p:plain   f:id:heartopen:20170327231433p:plain

逆立ちのアーサナ    すきのアーサナ        魚のアーサナ

*魚のアーサナの足の形はあぐらや伸ばすなど自由にします。

f:id:heartopen:20060407211709j:plain

シャバアーサナ

 

  • 瞑想ノート……性格や容姿は属性に過ぎない

 私たちは自分の容姿や性格について悩んだりします。あるいは人の性格を問題視したり、非難したりします。ヨーガでは私たちの本性は光りそのもの、愛そのもの、気持ちよさそのものであると説きます。仏教では仏性という言葉を使います。私たちの本性をしっかり身体で理解するために私たちはヨーガを行じるわけです。

 私たちが常々問題にしている性格や容姿は本性に対する属性であり、本性を追い求めるほどに性格や容姿などは取るに足らないものとなります。性格や容姿を変えようと悩むことで、よけいに属性が私たちの心を占領するようになります。

 どうか悩むのをやめて本性を追い求めてください。そうすればあなたは内側から輝きだし、誰もあなたの属性を問題にする人はいなくなるでしょう。「私は素晴らしい、私の本性は光そのものである」と毎日自分に言い聞かせ、悩みと決別しましょう。

 同じように他人の性格を問題視するのも不必要なことです。問題視すればするほど、その人はその問題のある性格を強化するでしょう。その人の属性を無視し、本性を見ようとするときに、その人もあなたに心を開くことでしょう。

1995年10月21日