読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第5回 「魚のアーサナ、コブラのアーサナ」

<魚のアーサナ

f:id:heartopen:20170327231433p:plain

ぜんそく、気管支炎、自律神経失調、生理不順、冷え症、肥満などに効果があります。また顔の血行を良くしてつやを与えます。このアーサナの大きな特徴はホルモン系を支える重要な臓器である脳下垂体、甲状腺、副腎のすべてを同時に刺激できるという点です。これによってホルモン系のバランスが整えられるのです。
 足を結跏趺坐に組んで行うのが正式な形ですが、伸ばして行っても良いですし、図のように行えば、大腰筋がよく伸ばされます。胸椎が反りにくくてうまく頭のてっぺんが付かない人は、高めの枕を胸の下に置いて行うと気持ちよくできます。
 

f:id:heartopen:20170327231518p:plain

背骨を反らせる代表的なアーサナです。どんなに背骨が硬い人でも手を付く位置や、肘の曲げ加減で反り方を調節できるので、無理なく少しずつ背骨を柔軟にして行くことができます。背筋力を保つ上でも毎日行いたいアーサナです。脊椎に十分な刺激が与えられ、自律神経を整えます。特に腎臓が刺激され、その機能を高めます。ただし痛いのを我慢して行えば腰痛を悪化させる事がありますから無理のない程度に留めます。ウエスト、ヒップ、アゴのたるみなどを引き締めてくれます。
 
アーユルヴェーダ……オイルマッサージ
 ゴマ油を全身に塗ることで若さ、容貌、体力、健康を保つことができます。年を取ると風の性質(ヴァータ)が優勢になってきますが、ゴマ油はこのヴァータを鎮静させる作用があるのです。実際に塗ってみると非常に気分が落ち着くのが分かるはずです。
 マッサージ用ゴマ油(パタンジャリ・ヨーガ研究所で扱っています)を手に取り、ゆっくりマッサージしながら全身に塗ります。塗り終えたらタオル等でふき取り、少し熱めのシャワーを浴びて発汗します。油分を完全に流さない程度に石鹸で洗っても良いです。夜であればそのまま寝てしまいます。朝や昼間であれば30分くらい仮眠します。
 全身に塗るのが大変であれば足のくるぶしから先だけに塗ったり、耳に塗るのも有効です。アトピー性皮膚炎、乾燥肌、冷え症、不眠、体力減退などに高い効果があります。
 
●瞑想ノート……最大の親孝行
 私たちは両親の気質を受け継いでいます。もし親を嫌いな人がいたらそれは自分自身を憎んでいることに他なりません。もちろん両親の嫌な面も受け継いでいることでしょう。しかし好きな面、嫌いな面ひっくるめて受け入れてしまうことが大切です。「自分は両親のこういう嫌な面を受け継いでいる。しかしそれはそれでしょうがないのだ。親を選ぶことはできないのだから。」そういう理解ができるときに初めて両親に対して感謝の気持ちが湧いてきます。
 自分が親から何を受け継いだかしっかり考えて下さい。それは自分自身を知ることに他なりません。好きな面、嫌いな面ある自分をそのまま受け入れ、「これが自分なんだ」と認めることです。自分自身を絶対的に愛することが両親を愛することなのです。そういう思いを持てば、それは親にも自然と伝わり、最大の親孝行になります。もし両親がすでに亡くても同じ事です。両親を愛する気持ちを持っていれば、亡くなっても両親は自分の中に生きているのですから、これが最大の供養なのです。
 両親のことを考えるのは自分自身を知る上での最大の手がかりになります。これは是非実行して下さい。瞑想しながら両親と自分との関係、両親から自分は何を受け継いだか、受け継いだものに対して自分はどのような感情を持っているのか。そのように考えてみて下さい。
 
1995年5月10日発行