読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第67号 真理への瞑想 「あなた自身の源と結びつきなさい」

●真理への瞑想…・あなた自身の源と結びつきなさい
輝ける不滅のアートマン(真我)よ!最愛なる祝福された神の子よ!
あなたは精神修行者であり、ヨーギであり、解脱や真の自由を求める者であり、知識や智慧を希求する者です。あなたは真の自由を求めるために知識を求めています。至高の知識のみが真の自由を導きます。なぜなら束縛は無知の産物だからです。無知というネガティブな要素は、その反対のポジティブな要素である知識以外の手段では除くことも破壊することもできません。無知という闇は知識という光が射し込んだ瞬間に消え失せるのです。ほかに道はありません。それでは知識はどのようにして得られるのでしょうか。今、この部屋は余すところなく光で照らされています。しかし最初は全くの暗闇でした。電灯のスイッチが入れられたとき、電気という目に見えないエネル
ギーが電球に通じたのです。同じように土という源と関わっている限り植物は茂ります。植物を引き抜けば枯れて死んでしまいます。
  あなたも同様です。あなた自身の本性、あなた自身の源、すなわち内なる神としての絶対存在と繋がっていなければなりません。そのとき徐々にあなたの魂はほどかれ始め、成長し、発展し、進歩し、拡大し、そして至高体験を得るのです。
  しかし内なる神との繋がりがなく、あなた自身がそれから遠ざかっていたり、忘れていたり、自分自身をそれから切り離されたものと考えていたりするとき、あなたは不安と悲しみ、痛みと苦しみ、不幸と恐れに満たされます。進歩と実りの多い人生の秘訣は、あなたの源である内なる神、絶対存在と関係を保ち続けることなのです。もしあなたがそれを無視するなら、人生には何の進展もないでしょう。満足することなく、
失望と憂うつな状態が続くだけです。様々なネガティブな事件がいつも起こり、それが支配的になり、あなたをあっちこつちに引き摺り回し、あなたはそれに苦しめられます。救われ難い思いを感じ、泣き悲しみます。どうして良いか分からず、希望を失います。
  あなたは自分自身の源と繋がらなければなりません。自身に深く問いかけ、そして真理と非真理を識別して、または絶対存在への絶え間ない信仰を通して、または瞑想を通して、または全ての行為を絶対存在に捧げることを通して、その繋がりを保ってください。絶対存在との不通に終止符を打ってください。そのときあなたの悲しみや苦しみは後退し始め、ついには消えてなくなります。太陽が上れば闇は残りようがありません。苦しみ、痛み、無知、束縛、恐れ、困惑、不安、緊張は残りようがないのです。それらは消滅します。覚えておいて下さい。絶対存在との分離は人間の全ての不幸の根本原因であり、人間の抱える問題の中心です。それ自体が束縛の原因です。あなたの内なる神との永続的な合一の状態を目指して真剣に努力し、そして生老病死の悲しみを克服してください。シバナンダ大師は、高いレベルの信仰は最高の智慧と全く同じであるということを繰り返し述べています。なぜなら、信仰者が信仰するべき対象は、純粋な知識の本質としての絶対存在に他ならないからです。
 人が「シバ」と言うとき、それは最高の吉祥で、最高に神聖なものを表しています。「クリシュナ」というときは、全ての存在を強く魅きつけるものを表します。「ラーマ」はヨーギの心の状態を楽しむということを表しています。「ヴァスデヴァ」は普遍的な存在で、存在するどんなものの中にも宿っている存在を表します。
 信仰の道(バクチヨーガ)、知識の道(ジュニヤーナヨーガ)との間には本質的な違いありません。二つは最終的には同じ理解に至り、同じ至高経験に導かれるのです。信仰者が信仰によって絶対的な実在を悟るとき、直ちに信仰者は祝福され、至高の智慧と意識とが与えられます。逆に知識の道を歩む者も、最終的に高い信仰の境地に入るのです。
「我に強い信仰と崇拝を寄せる者に最高の智慧を授けよう(バガバッド・ギータ4.39)」
*シバ、クリシュナ、ラーマ、ヴァスデヴァはヒンズー教の神々(訳者註)
スワミ・チダナンダ大師講話集 Ponder these truth 訳 土江正司