第67号 真理への瞑想 「あなた自身の源と結びつきなさい」

●真理への瞑想…・あなた自身の源と結びつきなさい輝ける不滅のアートマン(真我)よ!最愛なる祝福された神の子よ!あなたは精神修行者であり、ヨーギであり、解脱や真の自由を求める者であり、知識や智慧を希求する者です。あなたは真の自由を求めるために知…

第66号 アーユルヴェーダ「ドーシャの理解」

●アーユルヴェーダ・・・ドーシャの理解アーユルヴェーダを理解するうえで、ヴァータ(風)、ビッタ(火)、カパ(水)という自然界に働く三つの要素について詳しく知る必要があります。これらのドーシャ(ヴァータ、ビッタ、カパの総称、「増えやすいもの」と…

第65号 アーユルヴェーダ 「食品とドーシャ」

●アーユルヴェーダ.…食品とドーシャアーユルヴェーダでは、心身の健康にとって食事が大切であることを強調しています。例えば、甘い饅頭を一個食べてみてください。口の中に入れた時、どのように感じますか。ほっとしておいしいなと幸福感に包まれることでし…

第64号 アーユルヴェーダ 「ドーシャの乱れと病気」

●アーユルヴェーダ…ドーシャの乱れと病気ドーシヤの乱れからどのようにして病気が起きるかについて説明しておきましょう。体内で起きている種々の出来事は、木を燃やして飯ごう炊飯をしている状況に例えることができます。ヴァータは、吹<風(風のエネルギー)…

第63号 アーユルヴェーダ 「季節の過ごし方 1,2,3月」

●アーユルヴェーダ….季節の過し方、1,2,3月 1月 アーユルヴェーダでは、味とか匂いが、ドーシャ(体質.気質)に影響して生体に大きな作用を及ぼすことを教えています。食物ばかりでなく、薬や金属なども六味(甘、酸、塩、辛、苦、渋)を持っていると言い…

第62号 アーユルヴェーダ 「ドーシャの属性と症状」

●アーユルヴェーダ…・ドーシャの属性と症状 この表によって、どのドーシャ(性質)がもっともあなたに優性であるかを判定してください。ドーシャ別の生活法については次回掲載します。 ヴァータ〔風) 薬となる食物はごま油 《属性》 軽性:軽く細い体格 冷…

第61号 真理への瞑想「真理の実践」

●真理への瞑想…真理の実践栄光なる不滅のアートマン(真我)よ! 精神修行に励み、悲しみを超え、自由、解脱への道を歩む者よ。ヨーギ(ヨーガを修する者)とは自分自身の好みや性格、無意識中の記憶や印象に応じて、数あるヨーガの修行方法の中の幾つかを選…

第60号 真理への瞑想「早朝ということ」

●真理への瞑想・‥早朝ということ われは早朝に汝を想う われは早朝に汝を崇拝す われは早朝に汝に額ずく 賛美と礼拝の言葉とともに、良く知られるアディ・シヤンカラチャルヤの詩が始まります。早朝の祈りや礼拝はどこが特別なのでしょうか。マハトマ・ガン…

第59号 真理への瞑想 「今日を完全な日にしよう」

真理への瞑想……今日を完全な日にしよう 最愛なる祝福された魂たちよ。 今、私たちは今日という黄金の日の始まりを向かえました。今日一日、私たちがより高く、より神聖で、より幸福であることを見出せますように。思考、言葉、行動を吟味しながら一瞬一瞬を…

第58号 ごま油のマッサージ

ゴマ油のマッサージ 1、やり方 油はサラダゴマ油(ゴマを生しぼりした油、においがあまりない。炒ってから搾ったものは焙煎ゴマ油といって、ゴマ特有の匂いがする)を使用します。本来は全身をマッサージしますが、他人の助けを借りたり、専用の施設が必要…

第57号 真理への瞑想 プルシャータ(努力)

インド哲学に「プルシャータ」という二つの意味で使われる言葉があります。一つは人生で到達すべき目標という意味で、もう一つはその目標を達成するための努力という意味で用いられます。ダルマ(倫理)、アルタ(財産)、カーマ(愛情)、モクシャ(解脱)…

第56号 フォーカシング

フォーカシング フォーカシングとは自分の中の本当の気持ちに気づくための一種の瞑想法です。心の内側から浮かび上がってくることに耳を傾け、その一つ一つを図のように入れ物に入れて行きます。中には収まりきらずに、口から溢れたり、全く入れ物には入らず…

第55号 真理への瞑想「自らの神性を忘れてはならない」

真理への瞑想……自らの神性を忘れてはならない 光り輝く不滅の魂よ。神により祝福された最愛の子供たちよ。あなたは自分自身が不滅の魂であり、永遠の光であることを忘れてはなりません。 私たちの脳の内側にある意識、知性、感情、記憶、欲求、想像力などの…

第54号 真理への瞑想「ヨーガとヴェーダンタ哲学」

真理への瞑想……ヨーガとヴェーダンタ哲学 私たち(インド人)は先祖から二つの素晴らしい財産を受け継いでいます。それはヨーガとヴェーダンタ哲学です。ヴェーダンタ哲学とは神からの直接的な知識と智恵であり、ヨーガとはヴェーダンタ哲学を体得するための…

第53号 真理への瞑想「精神的生き方」

真理への瞑想……「精神的生き方」 五感によって知覚される現象世界を超越し、超感覚的な宇宙的実在を直接的に経験(直覚)する努力を続けること、それが精神的な生き方です。 宇宙的実在は糸の中にも、布の中にも存在します。粘土でできた器の、その土の中に…

第52号 背筋まっすぐ体操

背筋まっすぐ体操 姿勢の良さと健康は、切っても切れない関係にあります。そして姿勢を決定する最も重要な要素は、背骨とそれを取り巻く筋肉です。背骨を調整し、筋肉のバランスを維持するために「背筋まっすぐ体操」を毎日行いましょう。始めるに先立って、…

第51号 真理への瞑想「神の目には一人ひとりが唯一無二である」

真理への瞑想……「神の眼には一人一人が唯一無二である」 幸福に至る鍵は、幸福に気づくことにあります。今現在持っていないものや、持っていないと思いこんでいるもの、そして幸福以外のものに意識を向けるなら、あなたは、本当は既に持っている多くのものを…

第50号 バガバッド・ギーター 第18章(最終章)要約

バガバッド・ギーター……第十八(最終)章要約 祭祀と布施と修行の行為は捨てるべきではない。それは行われるべきである。賢者たちにとって、祭祀と布施と修行は浄化するものである。5 アルジュナよ、なすべきであると考えて、課せられた義務を、執着と結果と…

第49号 バガバッド・ギーター 第17章要約

バガバッド・ギーター……十七章要約 人々の信仰は三種である。すなわち、善性的、動性的、暗性的な信仰である。2 アルジュナよ、全ての者の信仰はその要素(グナ)に対応する。人間は、その信じるところに沿ったものになる。3 善性的な人々は神々を供養し、動性…

第48号 バガバッド・ギーター 第16章要約

バガバッド・ギーター……第十六章要約 この世界には二種の万物創造がある。すなわち、神的なものと阿修羅的なものである。神的なものはすでに詳しく説かれた。アルジュナよ、阿修羅的な者を私から聞け。6 阿修羅的な人は正しい活動と、その停止を知らない。彼…

第47号 バガバッド・ギーター 第14章要約

バガバッド・ギーター……第十四章要約 聖バガバッドは告げた。 私は更に知識のうちで最高のものである、至高の知識について説こう。それによって全ての聖者たちが、この迷いの世界から離れ、最高の成就に達したところの。1 善性(サットヴァ)、動性(ラジャ…

第46号 バガバッド・ギーター 第10章要約

バガバッド・ギーター……第十章要約 クリシュナは告げた。 アルジュナよ、更に私の最高の言葉を聞け。私はあなたの幸せを望んでいる。そしてあなたは私を愛している。だからあなたにそれを語ろう。1 神々の群も偉大な聖者たちも私を本源としている。2 私が不…

第45回 バガバッド・ギーター 15 第7章要約

バガバッド・ギーター……第七章要約 クリシュナは告げた。 アルジュナよ、私(神)に心を結びつけ、私に帰依してヨーガを修めれば、あなたは疑いなく完全に私を知るであろう。それにはどうすればよいか、聞きなさい。1 それを知れば、この世には他に知るべきこ…

第44回 バガバッド・ギーター 14 第6章要約

バガバッド・ギーター……第六章要約 万物との一体感を持ち、万物に存する私(神)を信愛するヨギは、いかなる状態にあっても私の内にある。31 悲しみにあるとき、万物の中にも悲しみを観じ、喜びにあるとき、万物の中にも喜びを見出す人は最高のヨギである。そ…

第43回 バガバッド・ギーター 13 第5章要約

バガバッド・ギーター・・・・第五章要約 行為のヨーガに専心した者は、行為の結果を捨て、究極の寂静に達する。専心しない者は、欲望のままに、結果に執着して束縛される。12 すべての行為を意識により神に捧げるとき、主体である真我はその住処である身体に安…

第42回 バガバッド・ギーター 12 智慧のヨーガ

バガバッド・ギーター・・・・第四章(智慧のヨーガ)要約 善人を救うため、悪人を滅ぼすため、道徳を確立するために、私は数十万年ごとに出現する。8 愛執、恐怖、怒りを離れ私(神)に専念し、私に帰依する多くの者は、その功徳によって浄化され、私と同じ状態に…

第41回 バガバッド・ギーター 11 行為によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第三章(34~43) 行為によるヨーガ 感覚器官には、それぞれの対象についての愛執と憎悪が定まっている。人はその二つに支配されてはならぬ。それは人にとって敵である。34 自己の義務(ダルマ)の遂行は、不完全でも、よく遂行された他者…

第40号 バガバッド・ギーター 10 行為によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第三章(22~35) 行為によるヨーガ アルジュナよ、私にとって、この世でなすべきことは何もない。得るべきもので未だ得ていないものも何もない。しかし私は行為に従事する。22 なぜなら、もし私が行為をしなければ、人々は私を手本とす…

第39号 バガバッド・ギーター 9 行為によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第三章(9~21) 行為によるヨーガ この世の人々は行為に束縛されている。しかし、神に捧げるための行為は例外である。アルジュナよ、執着を離れて、神に捧げるための行為をなせ。9 創造主はかつて生類を創造して告げた。 「すべての行…

第38号 バガバッド・ギーター 8 行為によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第三章(1~8) 行為によるヨーガ <あらすじ> 王位継承を賭けて大合戦に臨もうしている勇者アルジュナは、敵陣に居並ぶ肉親や親族を見て戦意を喪失する。参謀としてアルジュナ側についた神の化身クリシュナはアルジュナを励ますために…

第37号 バガバッド・ギーター 7 理論によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第二章(64~72) 理論によるヨーガ 五感を自己の支配下に治め、感覚の対象物への愛憎を離れることによって自己を制御した人は寂静に到達する。64 寂静に至った人は、速やかにを確立するので、彼の苦悩は全て消滅する。65 神に専念しな…

第36号 バガバッド・ギーター 6 理論によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第二章(54~63) 理論によるヨーガ アルジュナはたずねた。 「クリシュナよ、智慧が確立し、三昧の境地にある人はどんな特徴をもっているのか。智慧を確立した人はどのように語り、どのように座し、どのように歩むのか。」54 聖バガバ…

第35回 バガバッド・ギーター 5 理論によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第二章(39~53) 理論によるヨーガ ここまで、哲学的な考察による知識のヨーガを説いた。次にカルマヨーガによる智慧を聞け。その智慧によって心を統一すれば、あなたは因果に束縛されることがないだろう。39 そのとき、すべてのことが…

第34回 バガバッド・ギーター 4 理論によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第二章(25~38) 理論によるヨーガ アートマンはその姿を現すことがないので認識されることがない。不可思議で、不変であると言われている。アートマンとはそのようなものなのだから、あなたは嘆くべきではない。25 仮に肉体が死ぬとき…

第33回 バガバッド・ギーター 3 理論によるヨーガ

バガバッド・ギーター……第二章(14~24) 理論によるヨーガ アルジュナよ、現世において、つまり魂が肉体を得ている間、否応なく、我らはさまざまな環境に接触し、それらは我らに苦楽や寒暑をもたらす。それらは来たと思えば去り、去ったかと思えばまた来て、…

第32号 バガバッド・ギーター 2 理論によるヨーガ

健康……奉仕で健康 半身不随の上にガンを併発したお年寄りが、奉仕生活で健康を取り戻したお話を紹介しましょう。これは、日本のヨーガのパイオニア故沖正弘先生から生前に聞いたものです。 この方は、難病を治すために、あちこちの病院を転々としましたが、…

第31回 バガバッド・ギーター 1

バガバッド・ギーター……1 インドでもっとも愛読されている聖典『バガバッド・ギーター』(至高者の詩、以下『ギーター』と略す)は、日本でこそ知る人は少ないのですが、世界的には古くから親しまれ、多くの哲学者や宗教者、詩人に影響を与えてきました。 …

第30回 コミュニケーションの前提

健康……美顔健康マッサージ ①首をのどから後ろにかけて60回こする。以下同じように一カ所をとにかく60回こすります。首のマッサージは甲状腺の健康やカルシウムの濃度を調整する機能を高めます。②あごの下をのど仏から耳の下の方にかけてこすり上げる。顎下腺…

第29回 自己実現

健康……健康の復元力 自律神経系、内分泌(ホルモン)系、免疫系は健康の復元力を担う三人兄弟です。この三人兄弟の強力な助っ人となるのが実はヨーガです。現代人はストレスから自律神経の中でも交感神経のみが異常に興奮した状態が続き、胃潰瘍や高血圧の原…

第28号 血管の若返り呼吸法

健康……血管の若返り呼吸法 鼻から吸い込まれた空気は、肺の中で肺胞と呼ばれる小さな袋に行き着きます。肺胞はぶとうの房のような形をしていて、左右それぞれの肺に約3億個あり、その表面積は人間の皮膚の表面積の50倍近くあります。正しい呼吸をすると、こ…

第27号 腹部のうっ血と丹田呼吸

健康……腹部のうっ血と丹田呼吸 血液循環をよくするには運動が大切であることは言うまでもありませんが、もっと簡単に、どんな人でも、病人でも、寝ていても、座っていても、立っていてもできる「丹田呼吸法」を紹介しましょう。 川の流れが淀むと水が腐敗し…

第26回 エゴオバケ

瞑想ノート……エゴオバケ 『悩みオバケ①』で「私は悩まない」という人の心の中にはエゴオバケが住んでいて、知らないうちに人を傷つけていることがあると述べました。また『悩みオバケ②』ではオバケに毒を与えているのはエゴであり、そのエゴに気がつくことで…

第25回 呼吸法⑥息を止める(クンバカ)

ヨーガ……呼吸法⑥息を止める(クンバカ) 息を止めることを「クンバカ」といいます。極度に集中を要する作業をしているときや、渾身の力を込めるときには自然にクンバカ状態になります。逆にクンバカを練習することですばらしい集中力と気力、忍耐力を身につ…

第24回 呼吸法⑤素早い呼吸(カパーラバーティ)

ヨーガ……呼吸法⑤素早い呼吸(カパーラバーティ) 最初は両方の鼻の穴から素早く吐き出し、1~2秒かけて吸うように練習します。吐くときは腹筋を一気に引き締め、横隔膜が上に押し上げられます。くしゃみをするときや大笑いをするときのおなかの動きに似てい…

第23号 「呼吸法④ ナーディ・ショーダン」

ヨーガ……呼吸法④ ナーディ・ショーダン ナーディは気の流れる管、つまり気道を意味し、ショーダンは浄化を意味します。気道浄化呼吸法ということです。 図のように右手を鼻に構え、親指で右の鼻の穴をふさいで、左の穴からできるだけゆっくり吸います。そし…

第22号 「呼吸法③ 完全呼吸」

ヨーガ……呼吸法③ 完全呼吸 肺を100%使う呼吸を完全呼吸といいます。普段の呼吸では肺は10~20%程度しか使われていません。使われなければ衰えて行くのが運命で、呼吸能力は年齢と共に衰え、身体に充分な酸素を供給できなくなり、老化が進行します。特に酸…

第21回 「呼吸法② 腹式呼吸」

ヨーガ……呼吸法② 腹式呼吸 気持ちを集中して腹式呼吸をしばらく行っただけで、気分がすっきりします。普段から胸式呼吸を行っている人は、落ち着きがなく、いらいらすることが多く、また便秘または下痢気味ですが、練習により腹式呼吸が身に付くと、無意識に…

第20回 「寝る前のアーサナ」

ヨーガ……寝る前のアーサナ 就寝前は時間を取りやすく、また最もくつろげる時間でもあるので、アーサナを行うのに適しています。寝る前にアーサナを行うことで、一日の疲れがをほぐされ、ストレスが緩和されるので寝入りやすく、熟睡できるようになります。ま…

第19回 「呼吸法①」

ヨーガ……呼吸法① 呼吸法のことをプラーナヤーマと言います。プラーナ(気)をヤーマ(調整)するという意味です。「調気法」という人もいます。数十種類の呼吸法がありますが、教室で行っている数種類の呼吸法を覚えられれば充分でしょう。毎日ご自宅で実践…

第18回 「勧戒⑤ 信仰」

瞑想ノート……⑤ 信仰 私たちは信じるものなしには生きられません。幼い頃にはおそらく母親や父親を信じ切っていたでしょうし、少し大きくなってからは友達や先生信じるようになります。大人になってからは妻や夫、または会社を信じたり、「信じられるのはお金…